銀行の教育ローンについて

子育てにはいろいろとお金がかかるものですね。幼稚園から大学卒業までの教育費はこども1人につき1000万円を超えるとも言われています。少子化になるのもわかります…

子どものためになるべくよい教育を受けさせてあげたいというのが親心ですが、先立つものがないという場合もあります。そんな時には、銀行の教育ローンを利用することができます。銀行の教育ローンは、日本政策金融公庫の国の教育ローンの次に金利が低いローンになっています。

教育ローンは信販会社にもありますが、銀行の教育ローンのメリットは金利が低くしかも使途範囲が広いということです。信販会社の教育ローンは、授業料など、学校に納めるためのお金のためにしか使えませんが、銀行の教育ローンは、アハ?ート等の入居時の敷金、礼金、前払い家賃、引越し費用、受験のために必要な受験料、交通費、宿泊費などにも利用することができる場合があります。

進学には、授業料以外にもいろいろな費用がかかりますから、使途範囲が広い銀行の教育ローンは、親としては助かりますね。

我が家は奨学金を借りて子どもを大学に行かせていますが、それでも私立大学はお金がかかります。教育ローンまではいきませんが、よくフリーローンを利用します。フリーローン(カードローン)は自由に使えるので生活費として利用しています。家はメイン口座がみずほ銀行なのでみずほ銀行カードローンで借入しています。みずほ銀行は金利が低いし、銀行なので安心できます。私は週に3回バイトに出ているのですが、収入5万円の私でも借りることができたんです。

詳細→バイトでも借りれるカードローンはコチラ