総量規制とローンについて

総量規制というのは、貸金業法で定められているルールで、消費者金融などの貸金業者は、借り手の年収の3分の1までしか貸付ができないというものです。銀行や信用金庫などは、貸金業者ではないので、総量規制の対象にはなっていません。ですから、銀行のカードローンは、年収の3分の1以上の金額でも借り入れができます。

ただ、総量規制には例外があって、消費者金融のローンを利用する時でも、年収の3分の1以上のお金を借りられる場合があります。例外が適用されるローンには、事業者用ローンや貸金業法に基づく借り換えローンがあります。

総量規制のそのほかの例外は、本人と配偶者の年収を合わせた額の3分の1までなら借り入れができるというものです。この例外によって、本人に収入がない専業主婦でも、配偶者に定期的な収入があれば、配偶者の年収の3分の1までなら借り入れができることになっています。ただし、この場合は、本人確認書類のほかに、配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類が必要になっています。

消費者金融のローンは審査も比較的緩いですし、即日借り入れも可能なので便利なのですが、総量規制のために、いろいろと制約があります。金利も高いですから、できれば銀行のカードローンなどを利用するほうが、メリットが大きいと思いますよ。

詳細:http://www.youngamericanos.net/